空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

三重否定……?

Django Unchained (2012) の一シーンより:

Dr. Schultz: He owns the fourth biggest cotton plantation in Mississippi, Candyland.
Django: Candyland?
Dr. Schultz: Oh, you’ve heard of it.
Django: Ain’t no slave ain’t heard of Candyland.

Django は元奴隷なので「奴隷なら誰でも知ってる」の意味です。たとえば (There) ain’t no slave (who) ain’t heard of it. などを想定すればよいでしょう。実際、たしかに there 構文では主格の関係代名詞は落ちやすい上に、その there 自体も実質的な意味はないので落ちやすいわけですから、実は自然といえば自然な文だとも言えます。というより、母語話者がある程度分かるような文じゃないと大衆映画として失格ですからね。

ところで Urban Dictionary を覗いてみると面白い三重否定の用例が!

Person1: hannah montana is a great singer
Person 2: i cant say i dont disagree with you (walks off)
Person1: wait...what?