空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

卒業文集

因数分解・統語的アイドリズム、およびその意味連関

〈発音=発話〉現象について

 一般に、冗長な流れを戸惑った細胞的な可換半群は(そのアブギダ性によって!)東京の街並みという街並みを遍く舐め回すことに湾曲していることが知られている(Minerva, 2002)。しかし、その詩性は必ずしも queer-quickened-quark 上の電荷分布による消費に起因している—ないしは述語上の要請によって—わけではなく、どうにもこうにもモノマネ-tic な雑音的雑踏の内部構造をガサツに観察せねばならない。
 抑も、〈ある種の〉内在性と外国風のロンリー・ビースト・マイスターは止まるわけがない。自明な環が transparent free relative な熱情と欲情・およびその止揚的な模擬試験を考古学的に葬り去るという【おぞけ】こそが対偶中止法—伝統文法が言うところの right node raising(右節点繰り上げ)—に等価なのだからだ。そこには一切のエタールな挽肉の余地が浮かばない。いったい、それでは、韻律を煩わせ吹き荒れに吹き荒れるこの嵐はなんだ?
 同心円上に僕たちは千日手を定め上げる。ああ、せめてあの白象が薄ら笑いを和ませる氷の上で相転移し、踊り狂って挙句の果てにカノンの慟哭を聴くのならば:

 塔を昇るあの太陽と
 さざれ石のアヴァンチュール
 爪を食べた白い雲は
 遠い空の淡い向こう
 高くそびえる煩悩たちと
 自意識過剰な機械たち

 震え上がる赤ワインと死に上がるウヰスキーたち。迷える礫岩たち。干からびて幾星霜と成り、熱く熱く真っ白で赤みを帯びた砂粒の全体集合はひどくないている。 その日琉祖語的な Sturm und Drang と夢見がちなギブスの【共依存】的エネルギー、あるいはプロトタイプ=カレイドスコープ-ed な Joule 熱の連綿たるや、実に国文法的ではないか。
 彼女の{スキーム論的に}脱構築化された茶色の『女神的な』髪。濁流。過去分詞的な粘性係数。存在。時計の針。長谷川式。WAIS-V。そして僕の≪局所的に≫雪国の体をなす両手。あるいは彼女の薄ら紅を纏った Noether 環。推敲をたたいた僕の錆びれた手首。地層を隆起させる彼女のニヤけた本棚の上昇気流的アンパサンダ。およびその二重らせん的な快楽的抱合。毒性。有給。純-異性-順トラスト法。コンドミニアム。正負の hidden 三つ巴に起因するプログラミング上の不都合。
 ああ! どうか(ゲージ対称性を有しつつも局所的にはCP対称性を破らしむる)神の〈啓示〉が降りませんように!

 しかし、そうすると(プラトン的な意味での)「海苔」とは一体なんなんだ? 前景化された線形論理的プロソディ? いやそれともスペイン的な意味連関の野獣性? 峠は越えられるべきパーセンテージ? 衝動とその狭間の梅の刃の五言絶句? ひとまずの回答としては:

  • 抽象的にはその必然性と解釈上の公理論的な推論図式のペアノシステムによって(もちろんこれはZFCを強制しているわけではありませんが)Grothendieck 宇宙[ぐろたんでぃーく・そら]が構成されるから。
  • しかしそれは深入りせず、また見えるものでもない。ウパニシャッド的な清貧さとミ語法の敬虔なるセントラルドグマの反例なのだから。

 秘技と浮かぶ雲。照り尽くすキッチュな雨! あまりにシェイクスピアでリンパ液が止まらず。ケーラー微分、箙多様体、それから紫. (1008). 『源氏物語』. の格助詞「が」の Vovin (2002) 的な末枯れの市場原理。
 口。口。稚拙(Quirk et al. (1985) の quasi-coordinators としての)though 流暢な、レール上の導体棒の(量子論的効果を考慮にいれなければプラズマ的なのだが、この場合はむしろK理論的な意味での)励起を誘導するスペイン語が入り乱れるさま。開花と、恭しい堕天使。そして決してスポーツジムの入浴料を払わないよう彼女は懇願する。

「それは砂浜だから安心しなよ」
「なんで」
「君は7mmの弾丸さえ疎ましいの」
「……いいえ」
「そういうこと」
「でも、それじゃあ一体{誰・何}[Suica、読み方はチャレンジ]が〈あの〉飄飄としたサバの味噌煮をあそこまで屹立させるの?」
「わからない」
「私には秘密にして、お願い、隠し通してね」
「尻尾でも描くつもり?」
「叩くことには意義はあるから」
「そう」
「……愛してる?」
「愛してる」

 意味、価値、責任、やりがい、意義、人生、熱意、やる気。すなわち漢字一文字で表すとしたら、ツイスターゲームの無矛盾性証明。あるいは Turing 完全な粘土板、ないしは現象論的なアボガドロ定数とそこから生成される $\sigma$ 加法族たちの絶望・睡眠導入剤の味噌ラーメン的な関係詞構造。あるいは generic な微分構造。愛。双極性。二極化。その白文的な僕の粉飾。内実とトポロジカルな彼女の瞳。そうでなければ誰も紅茶を飛ばさないのだから。ピース。

 カルーア・ミルクの癲癇。還元すれば、癇癪的なビタミンB6の錠剤。それでも麦の舌触りを貶し合ったあいつ、蝕みうるグラスと割れた畳語法そして朝焼けを燻したようなあいつの身体の匂いはもう季語としてさえ機能していない。あいつが手首を可愛がるのを僕は遠くからずっとながめ(これ、古文の試験に出ますよ! 眺望するという意味と、流した涙を長雨に喩えた上で掛けているんですね!)つづけていた。不可視の赤錆/不屈のATフィールド。永遠が僕らを等しく貫きあげなければ、みな聖廟に関せざるをえない。
 同情こそすれ(文中の「こそ」+已然形は逆接!)、彼女は(分詞構文の意味上の主語との一致!)この類の話を嫌悪した。正しさはどこにもないが、考古学的過去は想定不可能なのだから、どうしようもない。腫れ物、突くべからず。(大文字の)「彼」はこのように述べた。その崩壊的陳述は狂気とグレープフルーツの大団円にあるまじき話ぶりだ。やれやれ、板チョコを丸く自炊した挙句に僕はバレンタインチョコを作ってあげた。食の客体と食の主体がどちらも欲情扇動的であったら—いったい—古典アラビア語を学ぶ義務は失せてしまうだろう。17と3の(通常の乗法としての)積。あるいは辺の長さが単位長の正方形の対角線の長さ。
 [[非常に-若々しい]-女性]のような小柄で可愛らしい(以下「脳細胞に印加されただけにすぎない描像としての」という修飾語を省略し、この取り決めを Einstein の制約という)彼。憧憬。鬱。刎頚。押し売り。磊落。ああ、古典ギリシア語にしか中動態がないはずがないだろう! 遊廓の東武東上線! c統御された最後の審判(イントネーションは二通りありますが、どちらか一方のみです)! 彼がどこに行ったのかは誰にも分からない。もらったお菓子の箱も数年間大事に取っていたが、もう煮干しがその強い相互作用でミクロに呻き合っているような気がして、捨ててしまった。

 こんなことばかり思い出していてもしょうがない;僕はもう羽ばたかないといけない:初等教育の六年間、中等教育の六年間、そしてこれから進むべき高等教育の六年間に向けてだ。そう告げると鴨長明が現れ、「世をのがれて山林にまじはるは、心ををさめて道を行はむがためなり。然るを汝が姿はひじりに似て、心はにごりにしめり。すみかは則ち淨名居士のあとをけがせりといへども、たもつ所はわづかに周梨槃特が行にだも及ばず。これ貧賤の報のみづからなやますか、はた亦妄心のいたりてくるはせるか」と問うてきた。和歌(現代でいうところのフリースタイル・ラップ)が詠めないから僕は何も返せなかったが、突然彼が急に天空から着地し、鴨長明にケッペンの気候区分について説明するよう求めた(注:鎌倉時代の日本ではアリソフの気候区分しか知りえなかった)。横に佇む彼女は相変わらず僕の顎ひげを剃らないよう懇願するような目つきで僕を目視していた。これこそが同族目的語(cognate object)か。やれやれ、と僕は三回呟いた刹那、自分が布団の上にいるのを目にした。
 天啓とは、このことだったのだろうか。