空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

wah fi see di ting u have weh mek mi feel week girl

最近友人とクレオールについて議論することが多かったので、中学生のころによく聴いていた Sia の Cheap Thrills ft. Sean Paul の一節をもとに遊んでみました。一応問題形式になっていますが試験問題としてではなくあくまでも問題形式として解説しようというだけなのであしからず。


パトワ (Patois) とは、英語を上層言語とするジャマイカ・クレオール語の俗称である。Sean Paul はジャマイカ出身のレゲエ歌手であり、次の歌詞(ただし綴りは公式PVに従った)においてもその特徴が現れている。なお、標準英語における綴り字はその発音に忠実でない一方で、パトワは英語と異なる言語である以上その綴り方は必ずしも英語と一致するとは限らずむしろ忠実なほうが多いことに注意せよ。

me an u girl
u an me
drop it 2 di floor an mek mi see your energy because
mi nah play no hide an seek
wah fi see di ting u have weh mek mi feel week girl
cause anytime u wine an kotch it di selector pull it up an put it pon repeat girl
i'm nah touch a dollar in my pocket
cause nuttn in this world ain't more dan what u worth.

問1. u に対応する標準英語の単語を答えよ。
問2. an に対応する標準英語の単語を答えよ。
問3. 定冠詞を答えよ。
問4. 否定語を答えよ。
問5. Mi a guh tell im fi lef mi alone. が「私は彼に一人にしてくれと言うつもりだ」を意味することを参考に wah fi see di ting u have weh mek mi feel week girl を標準英語に逐語訳せよ。


と改めてキーボードで打っていると無茶苦茶な問題だなと思ってしまったが、まあそこは主眼ではないのでOKです。まず英語をちゃんと分かっていれば次のところまでは自然と翻訳できるはずです。

I and you, girl
you and me
drop it to the floor and make me see your energy, because
I don't play no hide and seek (二重否定は標準英語でも口語なら可能)
wah fi see the thing you have weh make me feel weak, girl
Because anytime you wine and kotch it, the selector pulls it up and puts it on repeat, girl
I don't touch a dollar in my pocket
Because nothing in this world isn't more than what you worth.

答1. you, 答2. and, 答3. di, 答4. nah, no (,ain't) まではよいでしょう。あとは問5のヒントを考えるだけですが、tell im fi lef mi alone が和訳からおそらく tell him fi leave me alone に等しいことを考えると fi は to を意味しているはずだとわかります。とすると wah はどう考えても動詞であり、音韻対応を見るとどうやら語末の子音が非常に抜け落ちやすいことを考え、文脈から want であることも自然なはずです。[I] Want to see the thing you have weh make me feel weak, girl となるので、英語の統語的構造からこれは関係詞しかありえないだろうということもわかります。つまり which が対応する語なはずなので、答5. Want to see the thing you have which makes me feel weak, girl となり、これは二重限定の関係代名詞を表していたということがわかります。三単現の s を忘れないように注意しましょう。


パトワの概要としては次の動画が有用です。英語に精通していればこれを見るだけで大体の文は理解できるはずです。

www.youtube.com

文法については Wikipedia ぐらいしかあまり見当たらなかったのですが、先ほどかなりいいサイトを発見したので一応記しておきます。

opengrammar.github.io