空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

返り点の例外

雁点(以下、「レ点」)には例外の余地がないのだが、それ以外については熟語の処理に起因する例外が生ずる。本記事では二つ紹介しよう。

なお、例外を扱うのにさらに例外を立てるのは申し訳ないが、「一二点の外側で返り点が四つ以上必要な場合は甲乙点を使い、さらにその外側では上中下点を使う」という(しょーもない)規約がある。

まずは、そこまで深刻ではない場合から考えよう。レ点とは「連続した二字の語順を転倒させるためだけの唯一の返り点」であると定めたとき、「患所以立」という文をどう読めばよいだろうか?*1
結論から言うと、一般的には「患—二以 立」と読まれ、「字単位で返り点を付ける」という原則を一二点でだけ破ることにしている。
しかし、僕が中学生のときに「患—二以 立」と読んで「なぜダメなのだろう?」とずっと疑問に思っていた。実はこれはダメではなく、むしろそういう読み方も歴史上は存在するのだが、おそらく「例外を生じさせるのはレ点以外に押し付けて、レ点は清廉潔白な存在にしよう」という意識が働いて、現在では漢文訓読のスタンダードとしては採用しないようになっているのだ。

上の例は訓読のルールの取り決めという色が強い一方、次に紹介するパターンは少し深刻である。深刻な点は次の二つである:

  • ルール上特に問題のない読み方だと非常に不自然
  • 自然な読み方をすると返り点の順番が下から「一三二」のように逆転する箇所が出る

こんな事態がいつ起こるのかというと、下から四字の動詞に返るときである。
たとえば「収蔵愛惜之」という文を「収—二惜 之」と、あたかもひとかたまりの四字熟語かのように読むのは無理がある。そんなことをしていたら四字熟語が無尽蔵に増えてしまうし、筆者はそう想定しているわけではなく、「収蔵→愛惜」という一連の流れを想定して文を書いただろうと思われる。
そこで破格だが、「収—二蔵 愛—三惜 之」と付けて「之を収蔵愛惜す」と読むのだ。
もちろん、結束が強い場合は四字熟語と読んで構わない。たとえば「予 也 有—二愛 於其父母 乎」と読む。

参考文献

漢文訓読入門

漢文訓読入門

*1:この問いは学習参考書でほぼ全く注記されていないのだが、おそらく漢文を試験科目として勉強した人なら一度は必ず直面するはずである。一言でいいからコメントを付けてくれる風潮ができると良いのだが……