空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

関係代名詞を伴う分詞構文

There is scarce any one so floating and superficial in his Understanding, who hath not some reverenced Propositions, which are to him the Principles on which he bottoms his Reasonings; and by which he judgeth of Truth and Falshood, right and wrong; which some, wanting skill and leisure, and others the inclination, and some being taught, that they ought not, to examine; there are few to be found, who are not exposed by their Ignorance, Laziness, Education, or Precipitancy, to take them upon trust.

John Locke, An Essay concerning Human Understanding

実はこの文章のカギは「関係代名詞を伴う分詞構文*1」である。それさえ分かっていれば自信をもって

  • some, wanting skill and leisure (to examine)
  • others (wanting) the inclination (to examine) (be inclined to が隠れている)
  • some being taught, that they ought not (to examine)

と上手い具合に無駄なく使っていることが分かる。文脈を考えセミコロンを見ることで先行詞は Propositions となる。

自分にとって推理の土台となる原理で真理・正不正を判定してくれるようなある尊崇する命題をもたない、ごくうわついた浅薄な知性の者、そうした者はまずいない。そして、ある者はこの命題を検討する技能と余暇を欠き、他の者は検討したい心的傾性を欠き、さらに他の者は検討してはいけないと教えられている。そこで、無知によって、怠惰によって、教育によって、あるいは軽率によって、命題をただ信用してしまうことにならないような者はまず見いだされそうにもないのである。

ジョン・ロック『人間知性論』(訳:大槻春彦)