空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

フランスより来たりし分裂文モドキ

It is not because a man is not known to have broken any of the Ten Commandments, or because he maintains a respectable character in his dealings with those whom he cannot compel to have intercourse with him, or because he does not fly out into violent bursts of ill-temper against those who are not obliged to bear with him, that it is possible to surmise of what sort his conduct will be in the unrestraint of home.

Mill, J. S. (1869). The subjection of women, Longmans, Green, Reader, and Dyer.

これはフランス語の pas parce que 構文から由来している、いわば分裂文モドキです。モドキとしては割と有名らしく、“c’est pas parce que just because” とググると色々な情報が出てきました。特にハーバード大の Bourns 氏がこの構文についてよく言及しており、Lambrecht 氏とこの構文について個人的なやりとりをするほどのようです。その説明を一応日本語で分かりやすく噛み砕いてみると、こういうことです。

C’est pas parce qu'on pédale sans permis que tout est permis. という文があります。これを英語に直してみると It is not because people ride without permissions that everything is permitted. となりますが、これは英語だと Everything is permitted, but not because people ride without permissons. となってしまい、どう考えてもおかしいです。フィーリングとしても、やはり Just because people ride without permissions doesn't mean that everything is permitted. と解するのが明らかに正しいでしょう*1

今回の場合で分裂文とみると「家庭で何をやっているか分かるのは、十戒を守ってたりヤれない相手に優しくしたり反抗し返されうる相手にブチギレなかったりするから、というわけではない」となります。えじゃあ何によって分かるの? と続くはずなのですが、“The relation of superiors to dependents is the nursery of these vices of character, which, wherever else they exist, are an overflowing from that source.” と全く関係ない文が続きます。というわけで、分裂文ではなく、pas parce que 構文だと考えるほかありません。特に Mill はフランス語の影響を受けていたと考えられますので、この場合はまさに(まるで日本人が漢文調の構文を使うように)干渉が起きていると踏んでよいというわけです。

Just because in French you say c’est pas parce que doesn’t justify that you use it is not because instead in English.

*1:ちなみに、その一方で C'est pas parce qu'il est riche qu'elle l'aime. [It is not because he is rich that she loves him.] という文は曖昧です。もちろん pas parce que 構文とみて「彼がお金持ちだからといって、彼女が彼を愛しているとは限らない」としてもよいですが、この場合は分裂文とみて「彼女が彼を愛しているのは、彼がお金持ちであるからではない」としてもよいです。このような場合は Focus がどこにあるかで判断しなければならない、というわけです。