空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

Stand Out Fit in の誤訳

www.youtube.com

石田泰子氏が翻訳を手がけているそうなのですが、ふとよく見てみると誤訳があって実に驚きました。これが Taka の真意だと多くのファンに受け止められるのは少し残念です。その問題の箇所がサビです。

Big boys don't cry
男は泣くな
Shoot low aim high
現実を見て 夢を持て
Eat up stay thin
よく食べ 健康であれ
Stand out fit in
はみだして なじめ

Good girls don't fight
女は争わず
Be you dress right
見た目もきちんと
White face tan skin
心は白く美しく
Stand out fit in
はみだして なじめ

訳文だけ読んでも、何を言おうとしているのか意味不明ではないでしょうか? もちろん歌詞だけからも読解はできるのですが、ここで Taka のインタビューをみると、

今回の曲のタイトルは「Stand Out Fit In」。Stand Out とFit In。対照的な意味が並んでいますが……

とあります。そう、この部分は「対照」、もっと言えば「(大人たちや社会が突きつけてくる)矛盾」がテーマなはずです。

Big boys don't cry
Good girls don't fight

伝統的な社会のジェンダー観を歌っており、親が子に言い聞かせるときのセリフに似ています。

Shoot low aim high Eat up stay thin

ここはおおよそOKです。

Be you dress right

多分 “Make you dressed right” のような意味だと勘違いしたのでしょうか。今までの流れから Be you自分らしくいよう)と dress right(正しい服装をしよう)に分かれていることに気づくはずです。もし Be you を遵守してみて、自分らしい服装をしてみると、dress right に違反するというわけです。

White face tan skin

ここについては何を思ったのか分かりません。White face はそのまま「白い顔」で tan skin は「日焼けした肌」です。

Stand out fit in

「はみだしてなじめ」というのは誤訳とは言い難いのですが、悪訳に近いでしょう。stand out は「傑出する」で、fit in は「調和する」のような意味です。つまり、「出る杭になれ、打たれようとするな」というような感じでしょうか。「はみだして」の「て」が、順接の意味を持ってしまうので、これでは「はみ出すことが善であって、その次の段階としてなじむことが求められる」と勘違いされてもおかしくない気がします。

と、ここまで酷評しましたが、たしかに字幕翻訳者というのは様々な制限はもちろん、そもそも背景などもあまり知らされない状態で依頼されることがほとんどだとも聞いたので、仕方ないと思いますし、実際他の部分についてはよく訳されていると感じました。ただ、本当は Taka が訳してもいいんじゃないかなぁ。でも、それだと結局わざわざ英語にして歌う意味がなくなっちゃいますからね。世知辛いです。