空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

最近思うこと

Twitterを辞めてしばらく経ちましたが、本当に辞めてよかったと思います。中から見ると当たり前のことでも、こうしばらく離れてみて、眺めるととても異様に映るものが数多くあることに気づきました。

思うに、自分は競争とか闘争とかいうのが、そこまで好きというわけではありません。一応これでも受験戦争を乗り越え、これからもう二、三回ほど受験戦争を味わう身ではあるのですが、いずれにしても競争自体はあまり僕の好むところではありません。

むしろ、最近は社会に対する関心が薄れてきています。どうせ数十年すれば無くなるのに、なぜ社会的なものを人生のすべてだと思う人がいるのか、そして昔の自分がそうだったのか、今となっては不思議です。もちろん決して世俗から離れるために出家するとかいうことではなく、あくまでも社会との関係は保っておきつつも、それ以上に自分やその周りに対する比重を置くべきなのだ、そう思うようになりました。

しばらくは、平穏に生きていたいです。よろしくお願いします。