空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

東進数学特待で約100万円得した話

しばらくブログを書いていなかったのは, 随分前から在籍だけしていた東進の数学特待の期限が2月末で切れることに気づいたからです. せっかく無料なのにほとんど元を取れずに終わってしまうのも癪なので本気で消化しました. 一日何時間受けたかを判断できないぐらい「時間があれば受けまくる」という生活を過ごしていました. とりあえず今までに取った講座を並べてみます.

  • 数学ぐんぐん 基本
  • 数学ぐんぐん 応用
  • 微積もぐんぐん 基本
  • 微積もぐんぐん 応用
  • 東大対策数学 IAIIB
  • 東大対策理系数学 + 夏(長岡)
  • 東大対策数学 論理編
  • 東大対策数学 図形編
  • 最上位への数学
  • 東大対策文系数学(宮嶋)
  • 東大対策理系数学 + 夏冬(宮嶋)
  • 大学の数学 線型代数
  • 大学の数学 基礎解析

通期講座は75600円, 講習講座は18900円なので, 全部で926100円の得をしました. 頭おかしいですが, 最近東進はさらにこの方針を全面的に突き出しているようで, 中1のうちから数学特待を認定させる動きも公式HPで発表しています. 実際, 宮嶋先生は今年数学オリンピック系の講座を収録しており(僕の世代は未収録なので受けられない!), どんどんと東進は中高生のうち「受験勉強になんて目もくれないトップ層」たちの存在を他のどの塾よりも強く認識した上で青田刈りを行っているというわけです. しかも, やはりこれだけ高いお金を一般生徒から徴収しているおかげで, 一流の講師が集まっており, ちゃんと講座を受ければ正直力はめちゃめちゃつくようになってると思います. そういうわけで東進は日本最高峰レベルの中高生に対して一気に力を拡大させることに成功した, というわけです. この図式は他の塾ではそうそう破れないと思います. 東進はここしばらく鉄緑会さえも圧倒して勝ち続けるでしょう. 弱者を搾取し, 強者に還元するという, 実に資本家が好みそうな図式にオブラートを包み続けることで甘んじていることに成功したわけです. 恐ろしいですね. 実際、宮嶋先生や青木純二先生など、数学予備校界で名を挙げている実力派の講師を最近どんどん集めているように思えます。今後の動向を野次馬として見守っていこうと思っています。