空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

物理

フェルマーの原理の誤解:光は極大経路も通る!

フェルマーの原理は「光は最短時間で到着する経路を通って伝播する」とよく述べられるが、現実世界ではこれは大ウソである。あくまでも考えている空間が光線で満たされており、どの光線も交差を持たないときにのみ成立する言明だ。正確には次のように言わな…

圧力と向き付け可能性

学校の熱力学の授業で、圧力は面と法線方向を決めて考えるという話を聞きながら、次のようなことを考えていた: もし我々がメビウスの輪に住んでいたら、法線方向を大域的に定めるのは無理である以上、“大域的な圧力” を仮に考えるときは必ず向き付け可能性…

【読書録】『多体系と量子場』

場の量子論の教科書で僕が一番好きなのは、新井先生の「多体系と量子場」です。文庫本でページ数が少なく一瞬で読めて、説明が超わかりやすく、しかも厳密です。あまり話題に上ることの無い本かもしれませんが、学部3年あたりで量子場を学び始めた学生にお薦…

【読書録】数理物理と数理情報の基礎

数理物理と数理情報の基礎 (大学数学 スポットライト・シリーズ)作者: 大矢雅則,原利英出版社/メーカー: 近代科学社発売日: 2016/04/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る ひどかった。大して面白いこと書いてないのに誤植だらけで、しかも…

物理講義 §1. ラグランジュ形式

物理学を勉強したことはないが, 数学の言葉には慣れている中高生を対象に書きます. 基本的には Mikio Nakahara Geometry, Topology, and Physics (Second Edition) に沿っていきます. 今回は V. I. Arnold も参考にしました. いくつかの凡例を述べる. 時間微…