空論上の砂、楼閣上の机。

The Castle of Indolence

小説

人間賛歌

本作は(以下の「注意」を除き)2019年度の文芸部の文化祭部誌に提出した文章です。今読み返そうとしてもあまりに気持ち悪くて読み返せず、記事として公開するか否か常に迷っておりました。しかしながら、思春期の葛藤に否応なく存在する、大人へ成長するた…